PAGETOP

07 KUMI.W / YUSUKE.U

BACK TO LIST

フィリピンへ留学する理由

クラーク/フィリピン
2,863VIEWS
8月から2ヶ月間、フィリピンでの英語が始まります!

世界一周旅行と同じく、フィリピンでの英語留学も体験したいと思い、旅の前に留学することにしました。
ちなみに、私たちの英語力は、大学生のときから何度か海外旅行に行ったことがあるので、多少の単語を使ってコミュニケーションをとれる程度で、会話力・ヒアリング力は無く、ビジネスでの活用は程遠い状態です。

フィリピン留学のメリットはなんといっても安いこと、そしてマンツーマンの授業が充実していること。
2ヶ月(8週間)の金額は、1人あたり約24万円です。
これは、1日8時間×週5日の授業+寮の宿泊費+食事など、すべて込みの金額。
1ヶ月・約12万円なので、日本で普通に暮らすよりも安いですね。

フィリピン留学というと「セブ島」が人気ですが、いろいろ検討した結果、私たちはクラークというかつて米軍基地のあった町にある「cip」という学校にしました。

image01

フィリピン留学が選ばれている理由は、まとめると大きく3つあります。

【1】フィリピンの公用語は英語である
多様な民族からなるフィリピンでは、公用語のひとつが英語であり、英語教育が進んでいます。ノンネイティブであっても、フィリピンの大学生はきれいな発音の英語を話すそうです。ネットの英会話などでもフィリピン人の先生が多いのはそのためです。

【2】寮がセットになった語学学校が数多く存在する
フィリピンに多いのは韓国経営の語学学校。
日本より人口も少なく、国土も小さい韓国では、英語ができるかできないか、つまり外資系企業に勤められるかどうかで、年収に何倍もの開きが出るそう。

韓国人にとって英語は、自分の将来を左右する大きなチャンス。
よって、韓国では大学生になると半年~1年ほどフィリピンへ語学留学をする人が非常に多く、韓国経営の寮がセットになった学校がたくさんあるというわけです。

なお、寮の施設等は本当に質素みたいですが・・・そこは「勉強のため」と割り切って生活しようと思います。
image02

【3】物価が安い
物価がとても安いフィリピン。
語学学校においても、先生の人件費が安い分マンツーマンの授業が充実しています。
1日8時間の授業のうち、5時間はマンツーマンだそう。
これなら周りの人への気恥ずかしさもなく、たくさん話す機会があるので、上達が見込めそうです。

さっそく月曜から授業がスタートします。
30代の私たちにとって、「授業を受ける」なんてことは10年ぶりですが、がんばって会話力を身につけたいと思います。

今後、フィリピンでの授業や生活の様子もブログに書いていきますので、お楽しみに!

私たちのウェブサイト「明日、あさって、世界一周」はこちら
LOADING
PAGE TOP