PAGETOP

07 KUMI.W / YUSUKE.U

BACK TO LIST

エクアドル・キトは美しい&おいしい!

キト/エクアドル
1,219VIEWS
グアテマラの次に来たのはエクアドルの首都キト
いよいよ南米上陸です。

*参考→中米から南米に行く方法

キト・旧市街
「Quito」(キト)の文字。


私たちは飛行機でキトに降り立ちましたが、2013年2月にキトの空港が新しくなり、市街地からかなり遠くなっているので注意です!

公共の交通機関がいまいち分からず、また私たちが着いたときはもう夕方だったので、タクシーを利用しました。旧市街までタクシーで約1時間、26ドルでした。(固定料金のようです)

ほとんど何のイメージも持たないまま到着したキト。
翌日、さっそく町へ出てみます。
旧市街のホテルに泊まったので、そのまま旧市街を歩いてみました。

キト・旧市街
カラフルなペイントの施された壁。

キト・旧市街
鮮やかなピンクの建物。ホテルかな?

キト・旧市街
独立広場にあった建物。

キト・旧市街
パネシージョの丘(を下から見たところ)


なんだかすごく意外!?(と言ったら失礼ですが・・・)美しい建物と景色に、すっかり魅了されてしまいました。

赤道直下の国ながら、キトは標高2800メートルに位置し、一年を通じて涼しい気候。
日中は20度前後、朝晩は10度くらいでした。

キト・旧市街
芸術的なオブジェ(1)

キト・旧市街
芸術的なオブジェ(2)

キト・旧市街
天然の木でできたオブジェも。


建物、自然(緑)、広場、オブジェ。
ひとつひとつが美しく、見ているだけで飽きません。
「キト市街」として世界遺産に登録されているのも納得です。


町歩きの友は、甘い物。
キト・ドーナツ
道で売っていたドーナツみたいな食べ物。1ドル。

キト・アイスクリーム
みんな食べてるアイスクリーム。50セント。

ランチは町の食堂へ。
下の写真は、豚肉と豆の盛り合わせに、豆のセビーチェ。
キト・ごはん
豚肉の塩味が効いていてgood!

翌日も、同じようなメニューを。
キト・ごはん
豚肉、バナナ、じゃがいも、豆の盛り合わせ。

トマトとたまねぎのマリネのような、酸味のあるサラダ付き。
これがお肉と合ってとてもおいしかった!
3ドル。 ※ちなみにエクアドルはUSドルを使用しています。

キト・食堂
食堂の様子。この日は新市街(ノルテ)まで行ってみました。

ファーストフードはこんなメニューです。
エクアドルのファーストフード
チキン・じゃがいも・ごはん・スープのセットで2.6ドルの安さ。フライドポテト1.4ドル。

旧市街の町並みが美しく、またごはんも安くておいしいキト。
できれば一週間くらいのんびり過ごしたかったです。
私たちにしてはめずらしく次の移動をすでに決めていたため、2泊しかできず残念でした。


≪キトで泊まったホテル≫
Hostal San Blas
住所:Caldas E1-38 y Pedro Fermin Cevallos Quito
hotels.com、booking.comから予約できます。

最近改装されたのか、部屋はとてもきれいでした。
ダブルルーム、バス・トイレ付で、1泊27ドル。(共同バスルームもありました)
ちょっと高めですが、Wi-Fiも快適で、くつろげました。

Hostal San Blas
プラザ・デ・サンブラスの前

Hostal San Blas
部屋には机&イスもあります

Hostal San Blas
1階のロビー

Hostal San Blas
朝ごはんはありませんが、コーヒー・紅茶が飲めます

治安はどうなのか、少し心配していたキト。
ホテルは安全そうな場所にあり、旧市街散策にも便利でした。

私たちが滞在したのはクリスマス前の日曜だったせいか、日中は町中にたくさんの家族連れがいて、穏やかで明るい雰囲気の町でした。

旧市街では、夜はすぐにお店が閉まってしまいますが、街灯もあるので暗くはなかったです。

細い道や暗い道には行かず、遅い時間の外出を避ければ、キトの治安については、そんなに心配する必要はなさそうです。(ただし、バスターミナルなど町のはずれの方や、パネシージョの丘は気を付けた方がいいそうです)




LOADING
PAGE TOP