PAGETOP

01 YUSUKE MIYAMA

BACK TO LIST

GOOD BYE 夏男

バンコク/タイ
1,190VIEWS









バンコクで僕は、大好きな、
本当に大好きな、最愛の人と再会することができました。



一時帰国したときは、毎日のように会ってたね。
朝から会うこともあれば、深夜に会うことだってあった。



でも君の仕事の大部分は、日本。
海外に行けば、もう会えることは無いと思ってた。



「これが2人のためだよね?」



最後にそう強がって、僕は海外に出てきたんだ。




















o0800060012682441890

o0800060012682443795

o0800060012682443796

すき家さあああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!!




僕のソウルフードとしてあまりにも有名な、すき家。
バンコクにも展開してくれていました!!

もう僕すき家好きすぎて、ホントにすき家好きすぎて、
すき家とびっくりドンキーどっちが好きかって言われたら、

それはびっくりドンキーなんですけどね。







o0800060012682445256
これですよ。僕のソウルメニュー、チーズ牛丼。

まいう。



ただ、日本みたいに「三種のチーズ牛丼」じゃなくて、
ただの「チーズ牛丼」でした。
一種のチーズ牛丼」でした。


メニューは基本的に、日本と同じものを提供しています。


o0800060012682443797

これが、「チーズ牛丼」ですよ。
「一種」なのが残念ですけど、これから「二種」、「三種」と進化していくことでしょう。

もーホントに、メニューも日本とほぼ一緒だからテンション上がりますよ!!
細部に至ってまで、ホントに日本のメニューと同じで


o0800060012682443798

プーパッポン牛丼!!!!!??



ちょ、まさかのご当地メニュー的なのきた!!

てか、半濁音使いすぎでしょ!!
あと「ピ」と「ペ」使ったら半濁音完全制覇ですけど!!

「プーパッポン牛丼」の味は完全に未知です。
誰か試しに、タイ行ってきて下さい。











すき家さんと再会を果たして調子にのった僕は、
今度は幼馴染との再会も果たします。

さわさんとも再会したし、
バンコク、完全に「再会の土地」です。


o0800060012682675793

信希さん!!

2~3歳からの幼馴染で、
中学も高校も一緒だった、一コ上のサッカー部です。

信希さんは東京の商社マンで、今は海外赴任でバングラデシュにいるというイケメンです。
来月からベトナムのホーチミンに赴任になるらしいです。グローバル!!



てか、ちょ、この写真、飲食店の中ですよね。
一体、何屋さんで再会したカンジですか?

僕らは長期間海外いる奴同士なので
常に日本食を渇望してる同士でもあるんですけど、

これ、何のお店にいるカンジですか?












o0800060012682440846

っきゃああああああああぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!



ラーメン!!ほらみてみて!!日本のラーメンだよー!!
海外の、ショボいラーメンじゃないよー!!
しかも、地元・北海道ラーメン!!!!

ここで、カオサンロードにある、
10バーツ(30円)ラーメンの写真と比較してみよう!!


o0800060012682441888


ほら見て!!!!



全然違う!!
悪いけど、全然レベル違う!!!!

中学生のリフティングと、ベッカムのフリーキックぐらい違う!!

いやーちゃんとした日本のラーメン屋さんが展開してるお店だったんで、
ガチで美味しかったですねー。
因みに場所は、バンコク伊勢丹のレストランフロアです。是非。





信希さんは基本バングラデシュにいるのですが、
出張で東南アジアを飛び回っており、たまにバンコクにも来るそうです。

バングラデシュは非常に貧しい国であり、日本食は皆無だということです。
バンコクは、日本食天国

つまり、信希さんにとってもバンコクは天国ということになります。


バンコクの予定、
日本食食べ歩きー満腹えびす丸プランー」で完全に合意しました。











o0800059812682446751


っきゃああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!



うなぎ!!うなぎー!!!!ちょ、この食卓素敵すぎる!!
食卓が輝いて見えない!!

まいうにも程がありました。









次の日、信希さんと会える最終日。
することは特に決まっていなかったのですが、
今日も日本食を食べる」ということだけは余裕で決定事項でした。



o0800060012682445259

ショッピングモールみたいなトコで、何故かバルセロナのキャンペーンをやってました。

選手たちのレプリカとかもあります。
メッシ、若干似てる。


o0800060012682445258

皆、選手たちと一緒に写真撮ってるけど、
分かってない。全然分かってないわ!!

本当に一緒に写真を撮るべきバルセロナの選手は、





o0800060012682447262


こっちだろ!!!!


ちょ、スカートの長さナイスすぎる!!







暫くぶらぶらして、腹もへってきました。
さあ日本食の時間です。

ゆうてですよ。
もう、地元北海道のラーメンと、鰻の蒲焼という最強メニューを昨日こなした僕らですよ。

あれ以上の感動を得るのは、難しいんじゃないですかね。
だって、北海道ラーメンと鰻の蒲焼ですよ?

これを超える日本食って、何か存在します?
僕、無いと思うんですけど?


















o0800060012682446753

o0800060012682446752


うわああああああああぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!



う、うわああああああああぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!



わああああああぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!





焼き肉、最強説。
















バンコクを離れ、次の国に行く日がやってきました。

次の国、インドです。


まじ行きたくない。



バンコクのドンムアン空港から、
インドの「世界一汚い町」コルカタまで飛びます。



空港は市内から離れた場所にあるので、
宿のおばさんに頼んでピックアップバスを呼んでもらいます。

バンコクには「スワンナプーム空港」と、「ドンムアイ空港」の二つがあります。
有名で大きい方は、「スワンナプーム空港」なので注意が必要です。

宿のおばさんにも、間違えないように何回も確認します。


僕「スワンナプーム空港じゃなくて、ドンムアイ空港だからね!!
ちゃんと、確認してね!!」

オバ「スワンナプーム空港じゃなくて、ドンムアイ空港ね!!
オッケー!!任せといて!!」



これで安心です。
ピックアップのバンが、宿まで迎えに来ました。

バンコクを離れる寂しさに浸りながら、走ること30分弱。







o0550036712682446750

ドライバー「ヘイ、着いたぜ。スワンナプーム空港だ。」

わぁーこれがスワンナプーム空港かぁー☆
バンコクの窓口だけあって、大きくて、綺麗な空港☆

っておらぁ!!!!!




「なんだ、ドンムアン空港に行きたかったのか?
宿のやつからは、スワンナプームって聞いてたんだが。」


とドライバーから聞いて、
一旦宿に戻っておばさんをシバこうか真剣に悩みましたが、

大人しくドンムアン空港に向かってもらいました。



最後までガンガンくる、バンコクでした。




LOADING
PAGE TOP