PAGETOP

07 KUMI.W / YUSUKE.U

BACK TO LIST

激安!フィリピンのボラカイ島へ週末旅行

ボラカイ島/フィリピン
1,482VIEWS
フィリピン留学も終わりにさしかかった9月のとある週末、2泊3日でボラカイ島へ旅行にいってきました。

ボラカイ島は「フィリピンのハワイ」とも呼ばれ(?)、フィリピン人にとってはいつかは行ってみたいリゾート地として有名みたいです。




フライトは1時間ちょっとなので近いと思いきや、空港からバス2時間、船着場で待ち1時間、ボートに乗って10分くらい、さらにホテルまでバスと・・・結局、学校近くのクラーク空港を出発してから6時間くらいかかりました。

ボラカイ島へ移動するボート
1時間待ってようやく乗れたボートでボラカイ島へ移動。一応救命ベストをつけてみる。


金曜の午後の授業を休んで昼には出発したものの、ボラカイ島に着いたときにはすでに日が暮れていました。雨季、さらに台風接近中につき強風・荒波・・・。きれいな海は見られず。

初日の印象としては、高級ブランド店は無いけれど、ビーチ沿いにショップやレストランが並んでて、みんなゆっくり歩いている様子は、本当にハワイのよう?!

ボラカイ島
ビーチ沿いにリゾートホテルが建ち並ぶ。


夜ごはんはイタリアンレストランへ。
サラダ、パスタ、ピサ、魚料理をみんなで分けてひとり1400円くらい(625ペソ)。
ふだん行くレストランよりだいぶ高い観光地プライス。

初日のディナーのピザ。本格的でおいしかった。
初日のディナーのピザ。本格的でなかなかのお味でした。


今回、同じ学校で友達になった夫婦と4人で、旅行代理店でパッケージツアーを申込んで来ました。
2泊3日、ホテル&朝食、フライト往復、移動のバス・ボートすべて込みひとり約9000円(3800ペソ)という格安ツアー!

まさかの4人一緒の部屋、しかもこんなに安い金額なので、ホテルのグレードは期待していなかったものの、着いたらなんとステキな部屋!
ベッドも部屋も広く、4人でも十分にくつろぐことができました。

予想に反して、こんな素敵な部屋!
予想に反して、こんな素敵な部屋でみんなのテンションもアップ!


個人的には、フィリピンにはバスタオルを持ってきていなかったので、久しぶりにホテルで大きなバスタオルを使えたのに感激してしまいました(笑)

広々としたベッドで目覚めた2日目の朝、朝食はホテルのビュッフェへ。
ボラカイ島に来ている観光客は韓国人と台湾人(or中国人)が大半で、日本人は私たち以外は数名しか見かけませんでした。

朝食会場はアジアンパワー炸裂でてんやわんや!
みんな朝からごはんをもりもり食べる。

ボラカイ島のホテルの朝食
プラス200円くらいでビュッフェに変更しました。味はまぁまぁ。でもパンはおいしかった。


朝ごはんのあとは、ビーチ通りをぶらぶら散歩へ。
とにかく強風!

ボラカイ島
この表情からも、風が強い様子が伝わるでしょうか。。。

ボラカイ島
海の色はきれいだけど、「大しけ」と呼ぶにふさわしい波のうねり。空も不穏な灰色。


海岸沿いの風は強いものの、D-mallというレストランやショップが並んでいるエリアで久しぶりのウィンドウショッピングを堪能しました。
おしゃれなお店が多くて、このあと世界一周旅行が控えてなければいろいろ買いたかった!

ボラカイ島ショッピング
かわいいウェッジソールのサンダルを発見!

おしゃれな服や靴を買ったとしても2年は使わないし・・・と、なんとか自分を諦めさせ、今後の旅にも使えそうなシンプルなワンピースを1着だけ購入、約2000円。


かわいいカフェの前で。
かわいいカフェの前で撮影してみたり。

フルーツを売る少年。
フルーツを売っていた少年と。

ベンチで一休み。
ベンチで一休み。手に持っているのは少年から買ったナゾのフルーツ。


ボラカイ島では海のアクティビティも楽しめるのですが、私たちはゆっくりしたかったので、スキューバやウィンドウサーフィン等のツアーには申し込みませんでした。


夜、強風&雨がまだ続く中4人でメキシカンレストランへ。
タコスにビール・カクテルと、ボラカイ島での最後のディナーを楽しみました。

ボラカイ島のメキシカンレストラン
フィリピンに来て初めてのカクテル、マルゲリータを堪能!


3日目。もう最終日!

フライトは15時半なのに、空港までボートとバスを乗り継ぐため10時には出発予定。
3日目はほぼ時間がありませんでしたが、心残りは無し!

空港に早く着いたため、近くのレストランで最後のランチを。
この店が当たりで、まるで日本の田園風景のような景色をみながら、おいしいビールが飲めました。

田園風景を眺めながらのビールは最高!
田園風景を眺めながらのビールは最高!


帰りの飛行機は若干遅れたものの無事にクラーク空港へ到着、タクシーで学校の寮へと帰りました。

ボラカイ島は日本からの直行便がなく、旅行慣れした日本人からすると物足りなさもあるかもしれませんが、ひとり1万円以下という価格で2泊3日のリゾート気分を満喫でき、大満足の旅でした。


ただし・・・
桟橋を渡ってボートに乗るとき、もれなく足元がずぶ濡れに。ワイルド!!
ヒールやおしゃれな服では来ない方がいいので要注意です!


【フィリピン留学関連ブログ】
フィリピンの暮らし編:
激安!フィリピンのボラカイ島へ週末旅行【前編】>>
【費用公開】フィリピン留学にかかるお金>>
フィリピンの物価・生活>>
フィリピンで部屋探し!?>>
英語力・学校編:>/font>
フィリピン留学 ~八週間終了 英語のレベルと勉強方法~>>
フィリピン留学 ~四週間経ってわかったこと~>>
フィリピン留学 ~二週間経過~>>
授業と寮生活の様子>>
【英語留学】なぜフィリピンか>>


LOADING
PAGE TOP