PAGETOP

09 YUI TOKUNARI

BACK TO LIST

3人集まると4つの意見が出る宗教って・・・?

エルサレム/イスラエル
1,805VIEWS
ご無沙汰しておりました。すいませんm(__)m 徳成です。
世界一周、さすがに痩せるだろうと思っていましたが、食も異文化とか思っていたらまったく痩せられません(笑)

さて、みなさん!クイズのようなタイトルですが、なんの宗教かわかりましたでしょうか?

ヨルダンののお次はといいますと・・・
またまた中東(私がいかに中東好きかわかりました?笑)

 イスラエル


DSC_1302
ヨルダンの隣国イスラエルでは、ヨルダンから陸路での入国が可能です。
そのためこの機会にと思い行ってきました(^^)/
DSC_1292

イスラエルに入国して・・・

驚いたこと① 女性が超美人!!!!


なぜだかはわかりませんが、出入国ゲートには女性の方が多く働いており、みなさん金髪美女!これはじめの驚き(笑)

驚いたこと② ここは中東なのか?!


街並み、人々の格好、言語・・・まるでヨーロッパかのような(まだ行ったことないけど)印象でした!

驚いたこと③ 女の人も兵役がある!!!


イスラエルには兵役があります。そのため、いたるところで兵士さんをみました。
DSC_1244
他の国でも男性の兵役は聞きますが、イスラエルでは女性も2年弱兵役があるそうです。またそのみなさんもかわいい。

勝手にコーナー的なもの初めてすいません。笑


イスラエルはヘブライ語という言語。まったくもって読めません。
でもずっとみてるとカタカナに見えてきます(笑)でもまったく読めません。
DSC_1263
そしてイスラエル独特の黒スーツのようなものにハットをかぶった男性をたくさん見ることができます。
ヨルダンをはじめとするアラブ諸国の女性は、ヒジャーブというスカーフのようなもので全身を覆っていますが、イスラエルは割とラフ。
でも、実は女性は結婚すると、髪をほかの男性に見られないようにするためにカツラを被るそうです。新事実。
これはイスラエル人の友人が教えてくれました。


さて、イスラエルといえば何を思い浮かべますか?
ユダヤ教 ・ 嘆きの壁 ・ 戦争 ・ 難民
きっと様々ですよね。

でも日本にいるとなんだか遠すぎて、学ぶ機会もタイミングもないような気が…

そこで!私が学んだイスラエルをちょっぴりご紹介!
DSC_1285

まずは宗教。


ユダヤ人が作り上げた国がイスラエル。
ユダヤ人は「3人集まると4つの意見が出る」と言われるほど多様です。
全人口の4分の3を占めるユダヤ人は全員がユダヤ教。そして残りのアラブ人などはイスラム教、ドルーズ教、キリスト教徒などに分かれます。
日本人にとってなかなか理解しがたいですよね…
しかも、ユダヤ教自体も4つに分類されるらしい。複雑。

DSC_1287 DSC_1290

そしてこれが嘆きの壁。


この壁はもともと、紀元前515年に建設されたエルサレムの神殿の一部でした。
そしてのちに、第二神殿が失われたことをユダヤ教徒が嘆いたことから 「嘆きの壁」と名がついたそう。


嘆きの壁の隙間には、願い事が書かれた紙が たくさん挟まっていました。
DSC_1294

あ、女性の方、イスラエルではなるべく肌を露出しないようにしましょう!
スカーフや、スカートをもらうこともできますが、入れないところも多くあります。
また、やはり、男性からの視線が気になったり、怖くなってきます。控えめに!

DSC_1373


そしてもう一つの見どころは、岩のドーム。


こちらはイスラム教徒のためのものです。こちらを訪れたい方は、男女問わず長ズボンで!!!
男性でも膝が出ている人は入れていませんでした。ご注意を!
また、入れる時間、曜日も決まってますので確認してくださいね(^^)/

DSC_1335
私はイスラエルには2泊しかしないので(ヨルダンでちょっと病院行く羽目になったため笑)
あとはパレスチナ自治区のみにしか行けていません。

国にいるだけで、ほかの国では味わえない
何とも言えない空気感、緊張感、街並み、言葉、歴史を感じることができます。

危険、安全については一概には言えませんが、そこに行かないとわからないこと、感じられないことがイスラエルには多くあるように思いました。私も様々なことを感じ、考えました。けど、言葉では表しきれません。力不足かな…ごめんなさい。

でも、写真やつたない文章から少しでもイスラエルについて知ってもらえたうれしいです!
DSC_1375

次はパレスチナ自治区について書こうかな・・・


Yui.T
LOADING
PAGE TOP