PAGETOP

05 KIICHIRO.H / RYU.H

BACK TO LIST

いざ出航!海を渡って旅が始まる

鳥取/日本
970VIEWS
■4月7日
おはよう鳥取県!
今日はなぜか知らんがすこぶる好調。
朝一で、新生銀行の資金の一部をみずほインターナショナルの口座に移す。
次に、盗難対策に予備の書類をコピーしようとコンビニを探すがない、ない、ない!

人に聞いても駅の反対側にしかないらしい。
そこでふらっと、100円ショップにはいると
デリカのバックドアが落ちてこないようにできそうな物をみつける。

お、これいけるんじゃねということで買ってみる。
早速、デリカに戻って試してみると...
これが完璧にピッタリ!!この感動は誰にも分からないだろうが(笑)



さあ、出発の時間だ。
14:30には、船が出る境港に着かねばならないのだ。急ぐぞ
…と思った矢先。

俺:「あれ!?おれもクロックス(スリッパ)がない!」

助手席で脱いだはずの相棒クロックス、早くもリタイヤか...

駐車場で落としたのかと思い、引き返してみると
だだっ広い駐車場のど真ん中に、のんきに置かれてるではないか。
なんとふてぶてしいやつ。俺の気もしらないで。

さお、気を取り直して今度こそ出発。
そんな中、Twitterで1人の方から連絡がきた。

「@kitchen040 完成‼あとは、保育園から帰った子どもたちにペイントしてもらうだけ。 」
というメッセージと一緒に横断幕の写真が送られてきた。
なんと、見ず知らずの僕らように、見送り横断幕を作ってくれていたのだ(涙)

また、もう一つ連絡がきていた。
境港への途中の自動車屋「赤碕オート」さんから。

「@kitchen040 ようこそ鳥取へ!境港市に行く道の途中にある車屋です。
出国前、車に何か不安な点があるようでしたら気軽に寄ってみて下さい。
ちなみに当店の隣はうまいラーメン屋さんですよ♩」 

おぉ、これは絶対寄らせてもらおう!

店に着いて、ドアを開ける。
「すいませ~ん、あの~」

ん?これって何て言えばいいんだ...?
Twitterの人は今お店にいないと言ってたし
これじゃただの不審者じゃん(笑)

戸惑っていると
「あ、世界一周される方々ですよね!?話は聞いてますよー」
ということで、一安心。

そのあとは、無料点検や窓の撥水処理、
しまいにはご飯までご馳走してくれるという。

ワイパーを見てもらう

俺らには勿体なすぎるほどのご好意に感動。
ただ時間がなくて、食事はお受けできなかったが、ワイパーなどについて色々教えて頂いた。
(この期に及んで、車の知識ゼロの俺らw)

赤碕オートさん、本当に有難うございました!!


赤碕オートさんとの記念写真

ふと時計に目をやる。
「やっべ!もう14:30には間に合わないかも...」

そこから急いで境港の駆けつけると
既に通関をお願いしていた方が待っててくださりそのまま通関作業に入った。

ほとんチンプンカンプンの手続き
言われるがままにどんどん書類を記入していく。
すごい勢いで処理を進めるその方。そして、

担当者の方:「じゃあ費用の8万円よろしくお願いね!」
俺:「やっべ~!急いできたあまり、お金をおろし忘れた…」

あきれられるも、とりあえず、支払いは後回しにして下さった。(ごめんなさい!)
そして、そのまま車の搬入へ。

デリカをフェリーに乗せる

あまりに唐突なデリカとのお別れ
急いで3日分の荷物を持ち込み用リュックに入れて
最後に、国際ナンバーに付け替える。

そう。日本の車のナンバープレートは海外では使えない。
だから、それをアルファベット表記にした「国際ナンバー」というものに付け替えるのだ。

バコ、バン!ガンガン!
ナンバーって付け替えるようにできてないのか、とにかく外しづらい。
やっとのことで付け替える。

担当者の方曰く:
「去年ロシアに車を運んだ女性は、思いっきりぶっ叩いてましたよー。」

え!それってもしかして、リカさんのこと?
聞いてみるとやはりそうだった(笑)

2010年に、同じくここから出発した青山さんのことも覚えていらした。
「あの人たちやばいですよね~(いい意味でですよー)」 と妙なことで話が弾む(笑)

(※リカさんと青山さん⇒「大陸横断者の会にお呼ばれ」

車とも別れ
出航を待つあいだ、ターミナル内で最後のパソコン作業。

ターミナル内での作業

そして、船に乗り込もうとゲートを通ろうとした、ちょうどその時!

横から
「世界一周される方ですよね!?」

と突然声を掛けられた。
え、どうして僕らを知ってるんだ?こんなところで知り合いに会うわけないし...

俺:「え?あ、はい、そうです。」

「昨日お二人のパトロンになった者です!」
(なんと、キャンプファイヤーで支援して下さった方だったのだ!)

俺ら:「え、本当ですか!嬉しすぎます!」

聞けば、仕事を終わらせて急遽駆けつけて下さったという。これは本当に嬉しかった。
すぐに娘さんと一緒に写真とり、そして、そのまま乗船へ。

俺ら:「頑張ってきます!本当に有難うございます!」



荷物検査もなくあっけなく乗船。
部屋は雑魚寝かと思ってたが、まさかの二段ベッドが4つの部屋。悪くない。
荷物をおいて食堂に晩飯を食いに向かう。

フェリー内の食堂
フェリー内の食事

そこでたまたまTwitterをみていると、
「 @kitchen040 いまどこ?フェリーがない‼」

(え、うそ!これさっき横断幕作ってくれてた方じゃん!)

俺:「おい、隆!朝に横断幕作ってくれた人が見送りに来てくれてるって!」

もう、港には到着しているらしい。でも、フェリーの場所が分からないという。
急いで、現在地の位置情報をおくると

「@kitchen040 フェンスみてください!」

ヤバい、もう出航の時間だ!急いで、甲板デッキへと走る!
しかし、ちょうど出航のためにドアが閉められるとこだ!

「ちょっとまってー!」

なんとか説明して外に出る。
すると、岸壁のフェンスの向こう側に
子供を含めて3,4人の人たちが、何やら白いものを掲げているではないか!

「あ、横断幕だ!」

お~~~い!となんどか呼びかけると向こうも気づいて下さり
「頑張ってくださいね~!」
とお子さんも含めて手を振り返してくれた。

「ありがとうございます~!がんばりま~す!」

本当に頑張るぞ、そう心に誓った。

そして出航に備えて船内へと戻った。
さあ、旅が始まる。


【LOOK公式サイトたち】
ウェブサイト 車からの景色などの動画も盛りだくさん!
ブログ 車旅の様子を毎日更新中♪
Facebookページ 相方の隆が写真をたくさんアップ中!
LOADING
PAGE TOP